三輪車の安全性の基準とは

製品安全協会が安全性を認定した三輪車には「SGマーク」が付いています。
SGマークは三輪車を選ぶ際に、安全性を判断する目印となります。

SGマークが表示された製品を正しい使い方で使っているのに
製品の欠陥により万一、けがなどの人身事故が起きたと認められた場合、
1億円を限度に損害賠償措置があります。

三輪車のSGマークの認定基準は
とても細かく、厳しい項目が検査されています。
詳しくは製品安全協会のホームページに具体的に掲載されていますが、
簡略してまとめると、以下のような項目をチェックしています。

三輪車構造、外観および寸法の基準

  • サドル・ペダル・車輪の傾きやねじれはなく、平行か
  • ナットやボルトが突出していないか
  • ハンドル・サドル・泥よけは手や頭・首を挟んだりしないか
  • サドルやペダルの高さの基準
  • 車輪は平行で亀裂などが入っていないか

三輪車の安定性の基準

  • ハンドルグリップが前輪中心より前方にでないこと
  • 20kgの重しをサドルにのせてハンドルを切った状態で側面に転倒・浮きがないか
  • 25kgの重しをサドルに乗せて坂を登った際に後ろへ転倒しないか

三輪車の走行性への基準

  • 水平・平坦な道をスムーズに走行できるか

三輪車の強度への基準

  • ハンドル
  • 駆動輪
  • 押して棒
  • 後部ステップ>
  • 背当て
  • 足載せ

三輪車の耐衝撃への基準

  • サドルへの20kg砂袋落下実験
  • ドラム缶を使った衝撃走行実験
  • 壁への衝撃実験 3回ぶつかっても大丈夫か

三輪車を作る材料

  • 食品衛生法に基づくおもちゃの規定に適合しているか確認

三輪車の付属品

  • 付属品は三輪車を使用するにあたって安全か

三輪車の表示

  • 三輪車には消えにくく、はがれにくい場所に製品番号や但し書きなどが明記されているか

取扱説明書

  • 取り扱い説明書は誰にでも分かりやすく書かれているか
三輪車を検索!
三輪車比較.com
三輪車体験談ブログ募集中